内外の有識者・専門家を集めて講演及び様々な討論を行い、地球温暖化対策の一環である我が国におけるバイオ燃料本格導入の可能性について探ることを目的として、「沖縄バイオ燃料国際セミナーin那覇」を開催しました。

①基調講演
IPCC(気候変動に関する政府間パネル)第5次評価報告書執筆者、バイオエタノール先進国ブラジルのバイオ燃料事業関係者及びタイのバイオ燃料の取組に関する現地調査(平成26年12月)を行った東京大学大学院准教授が、それぞれ地球温暖化の現状と対策、ブラジルのバイオ燃料導入の経験及びタイのバイオ燃料の取り組みについて基調講演を行いました。
②パネルディスカッション
基調講演者に加え、我が国におけるエネルギー問題の専門有識者や行政関係者等が参加してパネルディスカッションを行い、我が国における温暖化対策としてバイオ燃料の本格導入の可能性等について議論しました。
③意見交換会
パネルディスカッション終了後に、パネリストと沖縄バイオ燃料事業推進協議会委員との意見交換を行いました。
④パネル展示
セミナー会場内に本事業の概要やE10・E3取扱いSSのパネル等を展示し、本事業の理解浸透を図りました。
⑤参加者
沖縄県内の国の機関、市町村、関係民間企業等に対し、事前広報活動を行い、219名に参加して頂きました。
主催 沖縄バイオ燃料事業推進協議会
 事務局:日伯エタノール株式会社
後援 内閣府沖縄総合事務局、沖縄県、那覇市、沖縄県市長会、沖縄県町村会
協力 沖縄県商工会議所連合会、一般社団法人沖縄県経営者協会、沖縄経済同友会、沖縄県商工会連合会、沖縄県中小企業団体中央会、公益社団法人沖縄県工業連合会、一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー、沖縄県農業協同組合中央会、一般社団法人沖縄県婦人連合会、公益社団法人沖縄県トラック協会、一般社団法人沖縄県ハイヤー・タクシー協会、一般社団法人沖縄県レンタカー協会、沖縄県地球温暖化防止活動推進センター
13:00開会式
主催者挨拶:
沖縄バイオ燃料事業推進協議会 委員長 安里 昌利
委託者挨拶:
環境省代表
環境省 地球環境局 地球温暖化対策課
調整官 名倉 良雄
来賓挨拶:
沖縄県知事 翁長 雄志 代読 沖縄県環境部 部長 當間 秀史
13:10 基調講演 (1)地球温暖化の現状〜その影響と対策等について〜

独立行政法人 国立環境研究所 社会環境システム研究センター
統合評価モデリング研究室 室長 増井 利彦

(2)ブラジルのバイオ燃料導入の経験

ペトロブラスバイオコンブスチーベル社
社長付アドバイザー ジョオン・ノルベルト・ノッシャン・ネット

(3)タイのバイオ燃料導入の取組状況(現地調査報告)

東京大学大学院工学系研究科附属
レジリエンス工学研究センター 准教授 小宮山 涼一

休 憩
14:45 パネルディスカッション
  • 地球温暖化とCO2削減対策の緊要性について
  • 日本のエネルギー問題と輸送用燃料の現状・課題について
  • 世界のバイオ燃料導入の趨勢と日本のバイオ燃料について
  • 我が国のバイオ燃料導入政策と今後の展望について

パネリスト

独立行政法人 国立環境研究所
社会環境システム研究センター 統合評価モデリング研究室
室長 増井 利彦

公益財団法人 地球環境産業技術研究機構
理事・研究所長 山地 憲治

東京大学 大学院 工学系研究科附属
レジリエンス工学研究センター
准教授 小宮山 涼一

環境省 地球環境局 地球温暖化対策課
調整官 名倉 良雄

元 琉球放送アナウンサー 宮城 麻里子

コメンテーター

ペトロブラスバイオコンブスチーベル社
社長付アドバイザー
ジョオン・ノルベルト・ノッシャン・ネット

コーディネーター

NHK解説委員 谷田部 雅嗣

16:25意見交換会
17:00閉会
(敬称略)

セミナーの様子